お客様ととことん話しとことん付き合う一緒に悩み、喜ぶそれが私の仕事です。

ルームアドバイザー(賃貸住宅のカウンター営業)K.Uさん 27歳 2011年入社

勤務イメージ1

人とつながる仕事をしたいだからアパマンを選びました。

大学時代の4年間、居酒屋でのアルバイトを経験しました。お客様との会話も非常に多いお店でしたので、おもてなしや挨拶など、仕事上のコミュニケーションにやりがいや面白さを感じることができ、楽しく前向きに仕事をすることができました。そんな経験から、もっと人とつながる仕事に挑戦してみたいという想いで、就職先にアパマンショップを選んだんです。

コミュニケーションが重要な仕事の中でも、生活に大きく関わる「家」や「部屋」を探すアパマンショップの仕事は、お客様にしっかりと寄り添い、つながっていくお仕事だと思えたからです。現在はアパマンショップ錦糸町南口店で、賃貸営業として業務に取り組んでいます。入社当初は、学生時代のバイトとレベルの違いを感じることもしばしばで、「社会人は甘くはないなぁ」と痛感することもありましたが、お客様としっかりつながっていく仕事であることが実感でき、今では大きなやりがいを感じながら日々頑張っています!

勤務イメージ2

お客さまとお話するそこから仕事は始まります。

賃貸営業の仕事は、お客様から希望されるお部屋の条件をお聞きし、ご要望に合った物件をご紹介すること。こう言うととてもシンプルですが、実際、そう簡単にはいきません。家賃や広さ、場所、環境など、すべてがお客様の理想通りという物件は非常にまれだからです。どこかで目をつぶり、どこかを優先させていただかなければ、物件選びは終わりません。そのため、私たち賃貸営業はお客様ととことんお話しをします。物件の話ばかりでなく、お客様のお仕事の事やご家族のお話、休日の過ごし方や趣味の話も伺います。そんな他愛のない会話の中から、お客様自身が気づかなかった、物件選びのポイントが見えてくるのです。最終的な決断をされるのはお客様ですが、多方面から、決定までのお手伝いをしていくのが私たち賃貸営業の仕事だと思っています。

その他、インターネット上に物件情報をアップしたり、物件の写真撮影や資料の整理をすることも大切な仕事のひとつ。でもそれらの仕事も、すべてお客様にお店に来ていただくためなんです。アパマンショップにご来店していただき、初めてスタートするのがこの仕事なんです。

勤務イメージ3

頑張った分が目に見えるこの仕事の良い所です。

賃貸営業のお仕事にはたくさんのやりがいが詰まっています。何より嬉しいのはお客様から「ありがとう」と言っていただけること。入居後に「ありがとうございました。担当して頂いて本当に良かったです」と言ってもらえるのは非常に嬉しいこと。お客様の為に頑張ろう!と思える瞬間ですね。また、ご契約を頂いた方から、お知り合いの方をご紹介頂けた時もうれしいです。自分の仕事を認めてもらえたんだと実感できますね。過去には理想のお部屋が見つからず、何十件と物件を回ったお客様もいらっしゃいました。その時は大変でしたが、ついにお部屋が決まった時にかけて頂いた、お客様からの感謝の言葉はとても印象深いものでした。とことんお付き合いして本当に良かった!

さらに営業としての頑張りを、しっかり給料で評価してもらえる点もうれしいです。大学時代の友人と飲んだ際、給料の話をする時は、正直うらやましがられます。もちろんその分大変なこともあります。例えば、勤務時間はお客様のご都合に合わせることになりますし、休みも平日だったりと不規則になりがち。「何より自分の頑張りが給料として評価されているんだ!」と友人たちには主張していますが…あまり納得してもらえませんね(笑)。

勤務イメージ4

いつもお客様の目線でその気持ちを忘れずに…

アパマンショップはとにかく明るい職場です。何かあれば、上司やスタッフに気軽に相談や報告できています。未経験の方でも、諸先輩方がしっかりフォローしてくれるはず。実際、私自身入社当初は先輩たちにご迷惑ばかりかけていましたが、周りの皆さんがいろいろ指導してくれたおかげで今の自分がある、こうして頑張れているんだと思っています。

賃貸営業は男性が多いですが、店舗によっては女性も活躍しており、男女の差は全くありません。年齢は20代~30代の方が多く、若々しく元気のある人が多いなといつも感じます。良い結果が出せた時には皆で喜び合える仲間達です。仕事終わりにはよく食事に行きますし、店舗の定休日には遠出をしたりすることもありますよ。これからの目標は、より多くのお客様に「ありがとう」と言ってもらえる賃貸営業になることです。常にお客様の目線に立ち、物事を考え、一緒に悩み、時には背中を押してあげられるようになりたいと思っています。その為にはもっと不動産の知識を身に着けて、日々成長し続けていけるように、頑張ります。