様々なお客様や物件との出会い、先輩のサポートが私を成長させてくれます!

ルームアドバイザー O.Aさん 24歳 2016年入社

勤務イメージ1

前職のみんなが快く、アパマンショップへ送り出してくれました。

アパマンショップに契約社員として転職して4ヵ月ほどになります。前職でも賃貸仲介のお仕事をしており、大学卒業後に新卒で正社員採用された会社で1年3ヵ月の勤務経験があります。前職もブランドは全国区ながら、各店舗は地域密着型の運営のため、埼玉にある私のいた店舗も地元の不動産屋さんといった感じで、限られた地域の物件をお客様に紹介するお仕事でした。

経験豊富な先輩社員がいるのんびりとした店舗運営で、働きやすい環境ではあったのですが、仕事を覚えるに連れて、もっと広い地域の物件を扱ってみたい、もっと厳しい環境で力を発揮してみたいという思いを押さえ切れなくなってしまいました。思い切って社長に相談したところ、それならもっと大手の賃貸仲介会社で働いてみたらどうかと、アパマンショップを紹介していただいたのです。

4ヵ月前の面接では、本当に吐きそうなくらい緊張しましたね(笑)。絶対にアパマンショップに入るんだという気持ちもそうですが、私の成長のために快く転職先を紹介してくれた前職の社長の気持ちに応えるためにも、最高の自分を面接で見せなければと思っていたからです。あまりにもその気持ちが強すぎて、自分で自分を追い込みすぎてしまいました。

仕事的には物足りなさも感じた前職ですが、働いている人たちは本当に温かな人たちばかりで、私がアパマンショップへ転職すると知っていても、みんなで送迎会を開いてくれたんです。心苦しくも本当に嬉しかったですね。私の我がままを受け入れ、気持ち良く送り出してくれた前職のスタッフには、今でも感謝の気持ちで一杯です。

勤務イメージ2

アパマンショップで稼ぎたい!素直に気持ちをぶつけました。

「アパマンショップに入って、なにをしたいですか?」

面接で尋ねられたとき、とてもシンプルに、「お金が稼ぎたい」と答えました(笑)。「そういった人、好きですよ」と言っていただけたのが嬉しかったですね。もちろん大手で、広い地域の物件を扱ってみたい思いがありましたが、思いの先にあるのは稼ぎたいという気持ち。なので、面接では正直な思いをぶつけました。

賃貸仲介業という職種を新卒時から選んだ理由は、他人と同じ時間だけ働くなら、少しでも稼げる仕事を探そうと思ったからなんです。稼げる仕事はなんだろうと考え、やっぱり営業かなと思いました。元々、あまり興味のあるものがなくて、美容もブランド物も食べ物も本当に興味がないんです。きっと、そうした業界に行っても面白くないだろうと感じていたので、就職活動もかなり業種を絞り込みました。

アパマンショップではカウンター営業(ルームアドバイザー)として働いています。電話やメールでのお問い合わせや、直接店舗に来られたお客様に対する接客、応対を行います。お探しになっている物件の条件、どんな生活をイメージされているかなど、お客様の生活の全体像を可能な限り伺います。その情報をもとに場所や物件をご提案し、その場所へお客様をご案内するのがルームアドバイザーのメイン業務です。

AOSと呼ばれる自社システムへの物件の登録、写真撮影も大事な業務で、店舗から一駅、二駅くらいの場所なら自分で写真を撮りに歩いています。街を歩くときには、どこにどんなお店があるのか、以前来たときと変化したところがないか、意識しながら歩いていますね。近くにスーパーのある物件とか、お子様を遊ばせる公園があるとか、お客様のご希望を伺うと、それに近いイメージの場所が頭に浮かびます。

勤務イメージ3

お客様のことを真剣に考える。それがルームアドバイザーの資質です。

ルームアドバイザーとして意識しているのは、お客様を楽しませるということ。お客様の緊張をほぐす意味もあるのですが、お部屋探しは楽しいものですし、ワクワクとした期待感があるものだと思うんです。お客様のその期待感を、私の態度ひとつで台無しにしてしまわないように、お部屋探しを最大限楽しんでいただけるように、接客の際には特に意識をしています。

お客様のお部屋探しの背景を伺うには、お客様から言葉を引き出すことが大切です。話す、伝える能力よりも、実はお客様の話を聞く能力がルームアドバイザーには求められると思います。アパマンショップのルームアドバイザーに必要なことは、お客様に対して一生懸命になること。上手く笑顔を作れない人、口下手な人、色々な人がいると思いますが、お客様のことを真剣に考えられるなら、ルームアドバイザーという仕事は務まります。

先日、ペット可のタワーマンションを探されて来店されたお客様がいらっしゃったのですが、ご希望の地域になかなか良い物件が見つからず、エリアを変えてのご提案を行いました。会社からの距離は少し遠くなってしまいますが、電車1本で通勤可能な好物件がいくつかあり、お客様にご確認いただいたのです。

しかし、ご家族がかなり悩まれているようで、誰かお一人が物件を見に行って気に入られても、おそらく他のご家族の迷いは消えないだろうと感じました。そこで、「ご家族の皆さま、全員でご覧になりませんか?」と提案してみたんです。5人家族の全員にお会いして物件の説明を行い、スケジュールを調整して2回に分けて、ご家族全員を物件までご案内しました。

実際にお部屋をご覧になることでご家族の不安が解消され、すぐに契約となりました。「こんなに時間を使っていただいて、本当にありがとうございます」と、お客様に丁寧にお礼の言葉まで頂戴できました。転職後の試行錯誤の毎日の中、お客様のことを真剣に考えた提案で喜んでいただき、私にとっては強く記憶に残る出来事になりました。

勤務イメージ4

年齢が近いスタッフに、刺激を受けつつ充実の毎日です。

アパマンショップの特徴はチームの力です。これまで営業は一人だという意識が強かったのですが、みんな、なにかあるごとに声を掛けてサポートしてくれるんです。現在の店舗は店長が33歳の男性、ルームアドバイザーが私を含め24歳の女性が2人、26歳の男性が1人、この4人で運営を行っています。年齢が近いこともありますが、スタッフは本当に仲が良くて、週に2、3日は仕事帰りに飲みに行っている気がしますね(笑)。

今度、店休日にみんなで遊園地に行こうと計画していまして、仕事を精一杯頑張りながら、オフはしっかりみんなで楽しめるこの雰囲気がいいですね。仕事では同じ年の女性が本当にしっかりしていて、自分も頑張ろうとすごい刺激を受けています。店長も若く、頑張れば年齢に関係なく認められる環境も励みになります。こうした気持ちになれることが、前職との最も大きな違いかもしれません。

また、AOSのシステムは本当にすごいもので、ここに登録すれば、自動的に複数の自社Webサイトへアップされます。他社のような二度手間、三度手間がなくなるので、効率良く仕事ができます。このAOSによって、担当者が店舗に不在でも、過去履歴を確認しながら担当者と同じように接客することが可能で、アパマンショップの魅力であるチームの力を最大限に発揮できる環境です。

アパマンショップの求人に興味を持った方へ。仕事は大変なこともありますが、アパマンショップでは素晴らしい仲間に出会えますし、競争し合って刺激を受けながら、互いに認め合える関係を築けます。もちろん、魅力的なインセンティブがあり、頑張れば頑張っただけ稼げる会社。自信を持ってお勧めできる求人です。

アルバイト・パートスタッフ、契約社員スタッフには、正社員登用の道も用意されているのも魅力です。賃貸不動産業界で長く働きたい方には、アパマンショップの求人情報は要チェックだと思いますよ。たくさんの方にルームアドバイザーの求人に応募していただいて、私たちと一緒にアパマンショップを盛り上げて欲しいですね。本当にやりがいのあるお仕事ですよ。

  • Check