これから一緒に働く皆様へ先輩方からのメッセージ

お客様に喜んでいただくことが、成果につながります。

ルームアドバイザー(賃貸住宅のカウンター営業) K.Kさん 31歳 2006年入社

「お客様に喜んで頂ける仕事」が就職先選びの基準

タレントを目指して18歳で上京。アルバイトをしながらタレント養成学校に通い4年間頑張ったのですが、限界を感じて就職することを決めました。テーマパークのアルバイトでお客様に喜んで頂けることに幸せを感じていまして、社員として就職するなら人に喜んで頂ける仕事がしたいと、選んだのが不動産業界の営業職でした。最初はマンションを売りたいと考えていたのですが、不動産売買の仕事は未経験の若者には難しいと聞き、それなら賃貸から始めようと思い直しました。求人情報でアパマンショップを見つけ契約社員として入社。2年後には正社員になり、その後はアパマンショップの店舗で主任や店長などの役職を任せて頂きました。

自信喪失。今は周囲のサポートに感謝

アパマンショップに入社したとき、業界も営業も未経験だったにも関わらず、私はなぜか自信満々でした。入社後、錦糸町店に配属になったのですが、接客には自信があるので、契約もすぐに取れるものだと勘違いしていました。ところが、なかなか契約までたどり着きません。まさに四苦八苦の状況で、自信を失い辞めたいと思ったこともありました。でも、営業ができないで辞めたと思われるのが悔しい。不動産の勉強をしつつ、さまざまな本を読んだり、各種セミナーに参加したり。そのうち、少しずつ契約が取れるようになり、自分の努力が実を結んだと喜んでいました。

でも、今になって思うと、先輩スタッフやチームのみんなが自分を支えてくれた結果なんです。私の担当のお客様でも、実は店舗のチームワークとスタッフそれぞれ全員がチームとしてお客様をお迎えし、様々な形でお客様のための行動を取ってくれていたからこそ契約まで至ったのです。営業スタッフ個人にお客様がつくのではなく、店舗を、スタッフ全員をお客様が評価してくださったのです。そのことを理解させてもらえて、今は本当に感謝の気持ちで一杯ですね。不動産の営業なのに、同僚と力を合わせて仕事ができることがとても、嬉しく、やり甲斐を感じます。

チームの力がアパマンショップの良さ。

今は八重洲店で営業職のルームアドバイザーとして頑張っています。アパマンショップのルームアドバイザーには、部屋の外観撮影や間取り図を作成しWEBサイトへアップする集客活動、店舗を訪れたお客様に物件のご紹介をする接客業務、そして契約業務という大きく3つの業務がありますが、営業というより、接客業・サービス業としての意識が大切なのだと思っています。毎日多くのお客様がいらっしゃるため、一人では手が回りきらないことも多いですから、そんなときに助けになるのがチームの力。お部屋の写真を撮りに行ったり、お客様のご要望で現地のカーテンサイズを測って来たりと、サポートしてくれるスタッフが必ず各店舗にはいるのです。

新入社員の研修やフォロー体制も充実しています。研修で不動産の知識を教え、営業のトレーニングを行います。現場に出てからも、お客様への応対について先輩社員が、的確なアドバイスを行ってくれます。アパマンショップには、こうしたチームプレーや研修のシステムがあるので、不動産業界が未経験でもしっかり働くことができます。個人ではなくチームとして力を発揮するのがアパマンショップの良さ。新たにどんな方がこのチームに加わってくれるのか、今から楽しみにしています。

宅建の資格や知識、経験を生かしてアパマンへ。

ルームアドバイザー(賃貸住宅のカウンター営業) O.Nさん 67歳 2014年入社

不動産業界で25年、知識と経験を生かしてフルタイムのアルバイトに

アパマンショップに入社する前も、働いていたのは不動産業界です。大手の不動産業界で25年、定年まで不動産の売買やコンピュータシステムの開発をしていました。まだまだ働きたいという思いが強かったのですが、この歳になると社員はもちろん、アルバイトの求人も非常に少なくて…。宅建取引主任者の資格や業界の知識、経験を生かせる求人を探し続け、アパマンショップのアルバイト求人にたどり着いたのです。アパマンショップなら自分の経験が生かせると確信し、すぐに応募しました。今はアルバイトとして週に5日、10時から18時のフルタイム勤務です。アパマンショップでの私のメイン業務は、契約時の重要事項説明です。入居物件を決められたお客様に、書面の内容を説明しながら物件や契約条件などの説明をします。これは法律上、宅建取引主任者の資格を持っていないとできません。大切な契約のときに、お客様にきちんと納得頂けるような仕事をしたいと、いつも心掛けています。

アパマンショップのチームプレーに新鮮な驚き

営業サポートも積極的にやります。多忙なルームアドバイザーに代わってお部屋の写真を撮りに行ったり、お客様のご要望に応えて現地調査をしたり。前職の不動産売買に比べると、賃貸の場合はカバーするエリアが広い。色々な場所に出掛けることが楽しくて、ワクワクしますね。同じ不動産業でも、不動産販売とアパマンショップのような賃貸仲介業では、まるで異業種のようだと感じることもあります。

不動産売買では一人の担当がすべてを行います。責任をすべて担当者が負う代わり、誰にも仕事の仕方に口出しはさせません。顧客と案件をすべてコントロールする面白さはあるのですが、誰にも引き継げないので休みを取ることもままなりません。対してアパマンショップはチームプレーです。課長やチーフが全体の行動管理や調査、時間配分や行く場所まで調整してくれます。また、私のような営業サポート担当もいて、チームワークで仕事が進みます。進捗状況も共有していますので、仕事の引き継ぎもしやすい。もちろん、普通に休みも取れる。これは魅力的だと思いました。

誰でも経験を積み、経験を生かせる環境

アパマンショップの仕事は賃貸仲介業ですので、法律や会計の知識まで求められる不動産売買に比べると、それほど専門的な知識は必要ありません。特にアパマンショップはチームプレーでフォロー体制も万全。研修や教育制度も充実していて、未経験者でも十分に活躍できます。もちろん、やる気があれば入社後に不動産業の基礎知識や営業スキル、コミュニケーションの取り方を学び、様々な特色のある支店で経験を積めば、不動産業のプロとして大きく成長できるはずです。一方、私のように知識や経験を生かして、定年後にアルバイトや社員で再就職することも可能。若い勢いとベテランの知恵を融合することで、アパマンショップはもっともっと成長できる企業だと思います。私もできるだけ多くの知識と経験を若い社員の方たちに伝えたい。そして、若い方から逆に新しいことを吸収し、まだまだ現役で働きたいですね。